肉の日の朝礼当番

f:id:saiyoshien:20151030224525p:plain

うちのオフィスでは朝礼で
朝礼当番が何かのネタについてしゃべる
スピーチの時間があって、
2、3週間に一度ぐらいのペースで
まわってきます。

何のネタについてしゃべるか、
ということは結構悩ましかったりします。

>>肉の日の朝礼当番の詳細はこちら

未経験者・若手社員を採用する時に、重視する4つのポイント

f:id:saiyoshien:20151028224011p:plain

From: 齋藤 広幸

キャリア・アプローチの齋藤です。

今回は、未経験者を採用する時に
重視するポイントについてお話します。

若手社員を採用したい企業というのは、
大変多いと思います。

数年先を見越して、自社で
一人前になるよう指導・教育していく。

そのメリットはいくつかあります。

次のようなことが期待されることが
多いです。

>>未経験者・若手社員を採用する時に、重視する4つのポイントの詳細はこちら

2017新卒採用の就活ルール、やっぱり見直し

f:id:saiyoshien:20151026220608p:plain

新聞・ニュースが一斉に報じている通り、
多くの企業からも、また、学生からも、
良いことがなかったと批判されていた
3月に広報活動開始、8月に採用選考開始という
経団連による企業の新卒採用についての
ルールがやっぱり、見直されるようです。

>>2017新卒採用の就活ルール、やっぱり見直しの詳細はこちら

面白いセミナーに行ってきた

f:id:saiyoshien:20151023131940p:plain

昨日は面白いセミナーに
行ってきました。

あるマーケティング塾の
プレセミナー兼説明会です。

何が面白かったかっていうと、
講師の方のキャラもありますが
超高飛車です。

19:30に始まって、
受講者同士の自己紹介という
アイスブレイクが終わるとすぐに
バックエンドの申込書が出てきて
内容は後で説明するので
とりあえず書いてくださいと、、、

>>面白いセミナーに行ってきたの詳細はこちら

応募者の実力を浮き彫りにする面接術は、トヨタのカイゼンに源流があった!

f:id:saiyoshien:20151014225918j:plain

キャリア・アプローチの齋藤です。

今回は、面接での受け答えが淡白で、
イマイチ経験や退職理由が分かり辛い
応募者の対応についてです。

書類選考の段階で、あきらかに
経験・スキル不足な人は論外ですが、

書類上、結構いい内容だと
面接する側も期待をするのは当然です。

ただ、本人の答える内容が淡白で、
経歴書に書いてることが
つかみづらい場合もあります、、、

>>応募者の実力を浮き彫りにする面接術は、トヨタのカイゼンに源流があった!の詳細はこちら

正直者がバカを見た2016新卒採用

f:id:saiyoshien:20151005224755j:plain

もう、世の中の誰もが
うすうす気づいているとは思いますが、

選考の解禁が4カ月後ろ倒しとなり
「8月解禁」となった2016卒の新卒採用は

「正直者がバカを見た」としか
言いようがない結果に終わっています。

この「正直者」というのは、
学生側と企業側と双方に当てはまるのです。

>>正直者がバカを見た2016新卒採用の詳細はこちら

中途採用の選考時の応募者の転職回数と、実際の勤務姿勢をつかむ3つの質問

f:id:saiyoshien:20150928160332j:plain

From: 齋藤 広幸

キャリア・アプローチの齋藤です。

今回は中途採用の選考時の
応募者の転職回数について、
お話ししたいと思います。

日本では一般的に転職回数が少ない
(あるいは無い)人が好まれます。

ただ、問題は、転職回数が無いからといって
過度な評価や期待をしがちなことです。

そこはやはり、

真に自社が求める募集対象者なのか
求める能力やスキルは合っているのか
自社の企業文化や方針に合った人なのか
ハードワークを乗り越える体力・精神力があるのか

見極めが必要になってきます。

>>中途採用の選考時の応募者の転職回数と、実際の勤務姿勢をつかむ3つの質問の詳細はこちら